Jafreeland

ニュースリリース

瞑想で覚醒したスピリチュアルテイストのシンガーソングライターLascaのデビューシングル『ももいろの手紙』がスローナミュージックからリリース

2016年7月5日

音楽で人と地球を幸せに♪のスローナミュージック株式会社(相模原市緑区、社長:西田和美)は、2016年7月7日にシンガーソングライターLascaのシングルCD 『ももいろの手紙』を「Jafreeブランド」でリリースします。

CDに貼付されているライセンスの登録用番号で必要事項を入力すると、著作権使用料無料の店舗用BGMライセンスが正式に登録されるしくみで、ランニングコストを気にせずにCDをお店のBGMとして自由に利用してもらえることを提案しています。

Lascaは2015年にシンガーソングライターとして活動を始めたばかり。人一倍明るい性格の彼女も、オペラシンガーを目指していた頃は、挫折を繰り返して自分を見失う日々を経験しました。そんな時に彼女に転機をもたらしたのが瞑想。日本人女性でありながらインド政府公認のヨグマタ(ヨガの母)にまで上り詰めた相川圭子氏に出会い、ヨガや瞑想をするようになったある頃から、魂レベルでの安らぎとともに、ごく自然にオリジナル曲が出来上がるようになります。そうして人々の幸せのためにナチュラルでピースフルな歌を歌っていこうと決心。そんな志の通じるスローナレーベルからCDを発売することになったというわけです。ももいろの手紙のエンディングにはインドの人々が一般的に口ずさむ清らかな祈りのマントラもリフレインされていて、スピリチュアルなテイストとともに、より一層ピースフルな印象を受けます。

Lascaとスローナミュージックとの接点は、数年前から。スローナのコンセプトに共感するアーティストや友人が集まって発足したJafreelandの主要メンバーとしても活躍しつつ、2016年春からはインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」のパーソナリティーとして,毎週金曜日の22:30から『music café みんなの想い天までとどけ~♪』を担当。ゆめのたね放送局もJafreelandのスポンサーとしてLascaの活動を応援しています。

シングルCD『ももいろの手紙』は、即興ピアニストの大谷清文がプロデュースしたLascaのヴォーカルバージョンと、大谷自身のピアノソロバージョンの2曲。価格は1000円+消費税(JafreBGMライセンス付き)。Amazonで7月7日から発売予定。

http://www.slowna.com/ (Jafreelandのオフィシャルサイト)
http://lasca88.com/ (Lascaのオフィシャルサイト)
http://ameblo.jp/stmstmstm1/ (Lascaのブログ)
http://www.yumenotane.jp/music-cafe (ゆめのたねラジオ『music café みんなの想い天までとどけ~♪』)

【お問い合わせ先】
スローナカスタマーサービス
TEL:0120-367-648 (平日9:00~13:00) 090-6527-9450(平日13:00~18:00)
FAX:042-713-1461
E-MAIL: info@slowna.com
担当:西田和美